好色一代男

 井原西鶴(いはらさいかく。1642~1693)の『好色一代男(こうしょくいちだいおとこ)』より現代語訳してご紹介。

 今、男盛り二十六の春、酒田という所に初めて着いた。
 この浦の景色は、桜は波に映りまことに「花の上漕ぐあまの釣舟」と詠んだのはここだと、お寺の門前から眺めていると、勧進比丘尼(かんじんびくに:熊野比丘尼のこと)が声を揃えて歌いながらやって来た。
 これはと立ち寄ると、かちん染めの布子に黒綸子の二つわり前結びにして、頭はどの国でも同じ風俗である。
 もとは、このような事をする身ではないけれども、いつごろより御寮(おりょう:比丘尼の親方)が遊女同然に相手も定めず、「百文につき二人」というのがおかしい。

 井原西鶴は、江戸時代の大坂の浮世草子(うきよぞうし)・人形浄瑠璃作者。浮世草子は町人の世態・人情を描いた小説。
 『好色一代男』は、井原西鶴の処女作。8巻8冊。発刊は天和二年(1682年)。巻三に、熊野比丘尼の様子が描かれています。

映画「熊野比丘尼おりん物語」

熊野在住の有志「熊野映画を創る会」による自主制作短編映画です。

2012年熊野にて自主制作/本編35分/鑑賞無料
監督:中田勝康
脚本:畑中和子
出演:中住麻美、芝佳世子、田宮勝、麻谷光俊、大西沙蘭、大久保彰、
   岡本英俊、岡鼻崇、野地本隆、小倉一利、笹谷和弘、井上敦、西浦康代
後援:那智勝浦町、和歌山県、那智勝浦町観光協会、新宮市観光協会、
   新宮市教育委員会、太地町教育委員会、御浜町教育委員会、
   熊野市教育員会、串本町教育委員会、熊野新聞社、紀南新聞社、紀伊民報

上映会募集中!
地域の公民館や会議室、店舗や小スペース、野外イベントなど大小様々なご依頼に応じてうかがいますとのことです! お気軽にご相談を。

詳しくは熊野映画を創る会facebookページで。